浄水器の比較

浄水器を取り扱っているメーカーではナショナルが代表的ですが、大小さまざまなメーカーがひしめきあっている分野ですので、特に注意して選んだ方がよいでしょう。
特に、浄水器はMLM(ネットワークビジネス)等で利用される事も多いので、すべてとは言いませんが悪徳マルチ業者による浄水器を大金をはたいて購入して後悔している人もいるのではないでしょうか?
純粋に浄水器を購入したい場合は、比較サイトなどでよく比べてから、

「カートリッジの交換時期は?」
「設置にかかる料金は?」

など製品以外のところでかかってくる料金も確かめてから購入しましょう。
最近では還元水を売りにしている家庭用浄水器もでてきています。

私はブリタの浄水器を使っています。
アルカリイオン水の浄水器を選んでいたのでちょうどいいのがブリタのものでした。
以前は訪問販売の業者がたくさん来ていましたが、最近は来なくなりましたね。

浄水器購入の際の参考に成るような情報を紹介していきますので、チェックしてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



浄水器の比較検証ブログ

シーガルフォー フレキシピュアPb 浄水器 X-1DS-FPb

シーガルフォー フレキシピュアPb  浄水器 【カウンター据置タイプ】 X-1DS-FPbシーガルフォー フレキシピュアPb 浄水器 【カウンター据置タイプ】 X-1DS-FPb


●レストラン・ホテルなどで人気の高いベストセラーシリーズの「溶解性鉛」除去モデル。「シーガルフォー」は天然の水の旨みに欠かせないミネラルや塩分はそのまま、身体に有害な物質だけ確実に取り除く。世界有数の検査研究機関にも浄水能力を証明されている

メーカー型番: X-1DS-FPb
サイズ: 幅12.7×奥行12.7×高さ37.3cm
重量: 約1.9kg
材質: 本体/ステンレス、切替コック/ABS樹脂、ホース/ポリウレタン
遊離残留塩素総ろ過水量: 150000L
濁り総ろ過水量: 5700L
総トリハロメタン総ろ過水量: 8000L
CAT(農薬)総ろ過水量: 30000L
2-MIB(かび臭)総ろ過水量: 24000L
溶解性鉛総ろ過水量: 43000L
付属品: シャワー付切替コック、ノズル、アダプターセット、ホース、アクリル台、交換用Oリング/タブストッパー、ゴムベース

さらに詳しい情報はコチラ≫
スポンサーサイト



浄水器の比較検証ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。